小早川紗枝「あれ、周子はん?京都で何してはるの?」

更新日:

転載元:【SS速報】http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435246538/

塩見周子「あれ、プロデューサー?京都で何してんの?」

の続き

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 00:35:48.93 ID:m70i06Hu0

塩見周子(18)


実家でヌクヌクしようとしたらほっぽり出された系アイドル

塩見周子「あれ、プロデューサー?京都で何してんの?」
の続きのような何か

エセ京ことば祭り注意

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1435246538

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 00:39:48.65 ID:m70i06Hu0

周子「へ?……あれ、紗枝ちゃんじゃん。うーっす」

紗枝「どうもー。ふふ、奇遇やなぁ。こっちでも会うなんて」

周子「ねー。世の中狭いなぁ。あはは」

紗枝「周子はんも帰ってはるなら教えてくれればよかったんに」

周子「や、あたしはちょっと、アレでさ」

紗枝「アレ?」

周子「勝手に帰ってきてる、というか」

紗枝「勝手に」

 

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 00:40:53.60 ID:m70i06Hu0

周子「一息つける隙があったから逃げてきちった」

紗枝「……戻ったらどやされますえ」

周子「だろうねー。……はぁ」

紗枝「……?なんや、元気ないなあ」

周子「……ごめん。ちょっと、ブルー入っちゃってて」

紗枝「あら。珍しい」

周子「でしょ」

 

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 00:41:52.96 ID:m70i06Hu0

紗枝「悩みごとなら聞きますえ?」

周子「ありがと。でもごめん、ちょっと人には話せない、というか」

紗枝「あ。わかった。Pはんのことや。周子はんもえらいなぁ」

周子「……紗枝ちゃん鋭いね」

紗枝「Pはんもうすこーし周子はんの気持ちのこと、考えはっても罰は当たらんのに」

周子「え、ちょっと待ってちょっと待って」

紗枝「んー?」

周子「なんでそうなるの」

 

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 00:42:44.01 ID:m70i06Hu0

紗枝「見てたらわかります」

周子「……あたし?」

紗枝「周子はんも、Pはんも。もどかしいというか」

周子「……そんなわかりやすいかな」

紗枝「Pはんが他の子と話してるとすぐ怖い顔しよるし」

周子「……あたし?怖い顔?」

紗枝「いー、って」

周子「やー、あはは、そんなわけが」

 

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 00:43:39.11 ID:m70i06Hu0

紗枝「結構な仲なんと違いますの?」

周子「…………」

紗枝「……っ、ふふ!うち、口は堅いどすえ?」

周子「えー……やー、紗枝ちゃんグイグイくるね……」

紗枝「ほーら、恋煩いなんて一人で抱えるもんでもなしに」

紗枝「あ、うち一度周子はんのお家、お邪魔してみたかったんよ!ねね、これから」

周子「あー、うちは、ちょっとアレだ、NG、ダメ、ダメ」

紗枝「えー。いけずー」

 

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 00:45:18.47 ID:m70i06Hu0

周子(とは言ってもめっちゃ食い付いてるし)

周子(ただじゃ帰ってくれないんだろうなぁ)

周子「……あ、あたしもさ、紗枝ちゃんち行ってみたいなー?」

周子(うん、お嬢様の家はそんなほいほい遊びに入れな……)

紗枝「あ、ほんま?ふふ、ほないこか?」

周子(…………普通にオッケーなんかーい)

 

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 00:48:13.15 ID:m70i06Hu0

周子「い、いえーい!お嬢様のお家って楽しみやーん」

周子(まあ適当にくっちゃべって適当に帰ろ、大丈夫大丈夫)

紗枝「お菓子も出しますから、ゆーっくりしゃべりましょ?」

周子「…………」

紗枝「しんでれらがーるが遊びにくるなんて、家の人たちびっくりしはりますやろなあ」

周子「…………」

周子「…………」

 

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 00:51:16.85 ID:m70i06Hu0

・・・

[紗枝の家]

周子「ん~~♪おいし~♪」モグモグ

紗枝「ふふ、塩見屋さんの子が来てはるのに下手なもん出せひんからなあ」

紗枝「にしても、ほんまおいしいわあ。こないなお菓子、うちにあったんや」

周子「なんかいいモノ出してもらっちゃったね。おおきに~♪」

紗枝「ふふ、ほな次はちゃんと周子はんのお家にお邪魔させてもらいますえ」

周子「あはは……今日はごめんね。あたしもまだ帰ってないもんだからさ」

 

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 00:54:23.65 ID:m70i06Hu0

紗枝「……あら。悪いことしたなあ」

周子「や、いーよいーよ。ふらっとこっち来てみただけだから、別に家帰るつもりがあったわけでもないし」

紗枝「……傷心旅行?」

周子「とはちょっと違うけど。ま、その前段階、みたいなね。あはは」

紗枝「……?」

周子「……ちょっと、いろいろあってさ。いろいろ」

紗枝「いろいろ?」

周子「いろいろ」

 

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 00:55:49.65 ID:m70i06Hu0

紗枝「いろいろ、って?」

周子「いろいろー」

紗枝「……周子はん」

周子「うん?」

紗枝「今から家の人にお願いして、お夕飯こしらえてもらいます」

周子「えっ」

紗枝「それも、とびっきりの」

周子「……しゅーこちゃんは食べ物じゃ釣られな」

紗枝「今朝立派な鱧ちゃん買うてはったから、それになると思いますけど」

周子「は、ハモ」

 

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 00:56:53.51 ID:m70i06Hu0

紗枝「周子はんがお夕飯の時間までお話してくれはるなら、一緒に食べられるなあ」

周子「や、ややや、ダメダメダメダメ、人に話せることじゃないから」

紗枝「あら」

周子「ん゛」

紗枝「Pはんとのことなのはわかってはりますのに」

周子「ん゛ん゛」

紗枝「なーに、話せへんようなことまでしてはるの?」

周子「ん゛ー」

紗枝「鱧ちゃん~」

周子「ん゛ー!!!!」

 

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 00:59:24.13 ID:m70i06Hu0

紗枝「心配やなぁ。紗枝がこないに心配してるのに、周子はん釣れへんなあ」

周子「ん゛ん゛ん゛」

紗枝「応援しますえ?」

周子「ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛」

紗枝「鱧ちゃん~~~」

周子「…………」

周子「……」

周子「……」

周子「鱧」

紗枝「鱧ちゃん」

 

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 01:00:34.55 ID:m70i06Hu0

周子「紗枝ちゃん」

紗枝「はい?」

周子「内緒よ?」

紗枝「もちろんです」

周子「その、紗枝ちゃんとあたしの仲だから、ね?」

紗枝「はい」

 

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 01:03:42.58 ID:m70i06Hu0

周子「困ってるのも事実だし?」

紗枝「ふふ」

周子「あと、今日は宿なしだし?」

紗枝「お布団はぎょーさんありますから」

周子「お世話なりまーす」

紗枝「わ!」

周子「ゴチになりまーす」

 

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 01:04:48.49 ID:m70i06Hu0

紗枝「周子はん、まずは一つ、お約束しましょ」

周子「うん?」

紗枝「他の人がご飯出してくれはっても、喋ったらいけませんえ?」

周子「……はい」

紗枝「はい。したら、ふふ、何から聞こうかなあ」

周子「……手加減してね?」

 

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 01:05:53.72 ID:m70i06Hu0

[紗枝の部屋]

紗枝「ほな、ね……馴れ初めから!」

周子「……紗枝ちゃん根掘り葉掘り行く気だよね」

紗枝「ふふ。周子はんとうちの仲やし」

周子「そうくるか」

紗枝「ほら、たーんと」

 

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 01:07:11.71 ID:m70i06Hu0

周子「馴れ初め、ねぇ」

紗枝「うん、うん」

周子「……うーん。そーねー。あれが多分、一番よくなかったんだろうなー」

紗枝「よくなかった?」

周子「そーんなに面白い話でもないんだけどね」

 

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 01:08:44.79 ID:m70i06Hu0

周子「デパ地下で試食コーナー荒らしてたらスカウトされて」

周子「家出中だったから、収入も家もなかったし」

周子「ちょうどいいかなーと思ったんだよね」

紗枝「ふふ。渡りに船、やなあ」

周子「で、即日寮!ってわけにもいかなかったからさ」

周子「その夜Pさんの家に泊めてもらって」

周子「まあ。うん」

紗枝「……?」

 

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 01:09:38.27 ID:m70i06Hu0

周子「いろいろ、ね」

紗枝「いろいろ?」

周子「うん」

紗枝「いろいろ」

周子「まあ、あるよね。当時はまだアイドルでもなんでもなかったし」

紗枝「……え!?」

紗枝「え、何、いろいろって、ええ!?」

周子「うん、そんな感じの……いろいろ?」

紗枝「えっ、でもそれ、会ってその日?その日に?」

周子「うん」

紗枝「な、ななななな」

 

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 01:11:30.95 ID:m70i06Hu0

周子「だってさ、ほら、流れ的にそうじゃん?」

周子「家出少女と、面倒見てくれる男の人だし?」

紗枝「……」

紗枝「……Pはん、そないな人やったの……」

周子「や、あたしは最初床で寝かされてたんだよ」

紗枝「……も、もしかして、周子はんから」

周子「うん」

紗枝「なんで、そないな」

 

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 01:12:22.48 ID:m70i06Hu0

周子「うーん、あたしがそういう気になってた、としか」

紗枝「そういう気?」

周子「だってさ、優しいし、悪い人じゃなさそうだったし」

周子「その前にちょっと、変な現場に出くわしちゃって、ムラムラしてたのもあって」

周子「で、連れ込まれちゃってる的なシチュエーションじゃん」

紗枝「……~~~っ!!!」

周子(あ、赤い赤い、めっちゃ赤くなってる)

 

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 01:13:27.12 ID:m70i06Hu0

紗枝「…………で、さ、誘ったって」

周子「え、マジ?そこまで?」

紗枝「せ、せっかくやし」

周子「……えっとね、こう、ベッドにするっと、入り込んでさ」

周子「元々寝間着で薄着だったから、ブラとか外しちゃってて」

周子「こう、背中からぎゅーっと、押し当てるわけ」

紗枝「……!」フンフン

 

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 01:14:16.95 ID:m70i06Hu0

周子「最初はやめなさいとか言われてたんだけど、ストレートに誘ったら、割とストレートにノってくれて」

周子「んで、まあ、さ。するじゃん」

周子「あたし的には最後の火遊び、くらいのつもりだったんだけどさ」

紗枝「」フンフン

周子「……最中のことも詳しく聞く?」

紗枝「えっ、あ、えっと……あ、後で」

周子(聞くんかーい……)

 

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 01:15:26.79 ID:m70i06Hu0

周子「……ま、でも結局、することしちゃって」

周子「それが……よくなかったんだよね」

紗枝「よくなかった?」

周子「思ってたよりも、なんていうのかな」

周子「好きになっちゃった、というか」

紗枝「好きに……その、Pはんのことが、やんな?」

周子「うん」

紗枝「わ!わわ」

 

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 01:16:05.23 ID:m70i06Hu0

周子「……嬉しそうね」

紗枝「ふふ!周子はんもやっぱりしっかり乙女なんやなー、って」

周子「やめてそれ恥かしい」

紗枝「ふふ、ええなあ。好きになってもたー、って」

周子「やーめー」

紗枝「かいらしいわあ」

周子「もー」

 

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 01:18:52.89 ID:m70i06Hu0

周子「……最初はさ、『あ、この人いい感じかも』ってくらいだったんだ」

紗枝「うん、うん」

周子「大切にしてくれる感じの人だし。したときも、そう」

紗枝「そ、そうなん?」

周子「うん。なんかね、こう、抱きつきたくなるんだ」

紗枝「……ええなあ」

周子「でも、アイドルやる以上は踏ん切りつけないとダメじゃん?」

 

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 01:20:16.86 ID:m70i06Hu0

周子「だからさ、好きになっちゃダメだー、ダメだーみたいに考えるわけ」

紗枝「あ」

周子「でも、あの人って何かと激甘でさ」

周子「ちょろっとした隙に甘えさせてくれたり、いろいろ仕掛けたら付き合ってくれたり」

紗枝「ふふ」

周子「そしたら、うん」

紗枝「もっと好きになってしもたんどす?」

周子「……そゆこと」

 

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 01:24:34.29 ID:m70i06Hu0

紗枝「周子はん、周子はん」

周子「うん?」

紗枝「うちは、ええと思います」

周子「……そう?」

紗枝「だって、好きになる人は選べひんもん」

周子「……でも、だめじゃん。立場あるんだから」

紗枝「あるからこそ、やないかなあ」

周子「……?」

 

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 01:33:59.19 ID:m70i06Hu0

紗枝「足、攣りそうになる時と同じどす」

紗枝「最初はな、あ、ちょっと痛い、これ攣るんやないかなあ、って思って」

紗枝「あーいたいいたい、これ足攣りよるーって思っとったらもう手遅れ」

紗枝「今だけは足攣ったらあかんあかんーって考えるほどに、攣りますやろ?」

周子「……ぷっ。なにそれ」

紗枝「え、わかるやろ」

周子「まあ、うん。ちょっと好きになっちゃった時点で負け、ってことでしょ」

紗枝「そう、そう!」

 

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 01:38:23.86 ID:m70i06Hu0

周子「紗枝ちゃんよく足攣るもんね」

紗枝「うちどんくさいからなあ」

紗枝「って、もー!そないなことやなくて!」

周子「うん?」

紗枝「あんな、うちが言いたいのは」

紗枝「周子はんは、ちゃーんとPはんのことを好きになる重みを考えてはるから」

紗枝「それ自体はえらいことやけど。うち、応援したいんよ」

周子「……ありがと」

 

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 01:39:24.57 ID:m70i06Hu0

紗枝「……でも」

周子「うん?」

紗枝「傷心旅行の前段階やて、いうてはりましたけど」

周子「…………」

紗枝「あんまり、上手くいってないんやろか」

周子「……うん」

 

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 01:40:21.23 ID:m70i06Hu0

周子「自分ではね、上手くバランス取ってるつもりだったんだ」

紗枝「バランス?」

周子「Pさんのことは、基本は我慢。でも隙があったらちょっと構ってもらう、みたいな」

紗枝「構ってもらう、て」

周子「まあ、ご飯連れて行ってもらったり」

紗枝「たり?」

周子「ちょっとお昼寝に付き合ってもらったり」

紗枝「……お昼寝?」

 

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 01:42:14.10 ID:m70i06Hu0

周子「たまに、ね?」

周子「……こう、肩枕とか。腕枕とか」

紗枝「ふふ」

周子「な、なにさ」

紗枝「別にー。うちやったら、寝顔見られるの恥かしゅうて無理やろなあ、って」

周子「……や、一度どころじゃなく見られてる仲だし?」

紗枝「ほんまに、Pはんのこと好きなんやなあ」

周子「うう……紗枝ちゃん、ゴスゴスくるね……」

紗枝「ふふ、ええわあ。ほっこりします」

周子「堪忍して、恥かしいわ……」

 

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 01:42:53.80 ID:m70i06Hu0

紗枝「で、何があったんどす?」

周子「……欲が出ちゃった、というか」

周子「Pさんにもちょっとくらい、お熱になって欲しいじゃん」

紗枝「うん、うん。せやろなあ」

周子「だから誘って引く、みたいな。やってたんだ」

紗枝「あっ、あれや、奏はんとかが上手にやってはるの」

周子「そそ。胸元ちらっと見せたり。おもむろにちょっとボディタッチしてみたり」

紗枝「わ。やらしいわあ」

 

41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 01:44:34.53 ID:m70i06Hu0

周子「男の人とか絶対好きだろうなーと思ってさ」

周子「あとアレ、フラッシュトーク。耳元で意味深なこと呟いて、すーっとフェードアウトするの」

紗枝「ふふ、恋する乙女はえらいなあ」

周子「うっさーい。でね、そういうのPさんに仕掛けては結構楽しんでたんだ」

紗枝「Pはん、ええ反応しはるんやろ」

周子「そう!こうさ、ちょっと照れくさそうに目逸らさせられたりするとさ」

周子「上手くいった、よしよし、って感じになるんだよね」

紗枝「ふふふ」

 

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 01:45:08.36 ID:m70i06Hu0

周子「でも最近、なんか、ダメでさ」

紗枝「……?」

周子「……Pさんに完全にそういう女なんだと思われてる、っていうのかな」

紗枝「……そういう女、て」

周子「軽い女」

紗枝「そ、そないなこと、あの人は」

周子「まー、実際そこまでは思ってるかわかんないけどさ」

周子「言われちゃったんだ。『そういうことばっかしてると、どっかで損するぞー』って」

 

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 01:46:39.94 ID:m70i06Hu0

周子「確かにそうだなーって思い始めたら、もうダメダメ。自己嫌悪しかないや」

周子「馴れ初めも話した通りで。それ以降も気を引きたいから小悪魔ごっこして」

周子「直球はダメだからって、あほみたいに回り道して、いらんことばっかして」

周子「……結局、一番ダメな道選んじゃった。どっかで損するどころか、ずっと損してる」

紗枝「Pはんもそないな意味で言いはったわけやないと、思いますけど」

周子「だろーねー。だけど、グッサリきちゃった。あたしが撒いた種なのにね」

 

44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 01:47:54.66 ID:m70i06Hu0

紗枝「……今日は、なにがあったん?」

周子「ちょっと、ね。Pさんにそういう絡みしたら、やれやれって感じで相手されて」

紗枝「……」

周子「耐えられなくなっちった。午前の仕事終わって、そのまま新幹線」

紗枝「……」

周子「あはは。怒られるよねー、これ」

 

45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 01:48:37.86 ID:m70i06Hu0

周子「あーあ。ほんまあほ!まーたPさんに嫌われちゃうよ」

紗枝「……」

周子「あたしも忙しいのに。Pさんも必死で仕事まとめてくれてるのに」

紗枝「……周子はん」

周子「なーんで、上手くいかないかな。アイドルは、なんだかんだでこんなに上手くいったのに」

紗枝「周子はん」

周子「なんで、こんなこと、してるんだろ」

 

46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 01:49:13.61 ID:m70i06Hu0

周子「なんで。……好きに、なっちゃうかなあ」

紗枝「……」

周子「なんで……っ、なんで、こんな」

紗枝「……」

周子「ダメだ、あたし、本当に」

紗枝「……ほら、周子はん。こっち、こっち」

周子「……っ、う……」

紗枝「せっかく、紗枝がおるんやから。一人で泣くもんやおまへん」

周子「っ、いいよ、化粧、うつるし」

紗枝「ほーら」

ぎゅっ

 

47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 01:51:48.19 ID:m70i06Hu0

紗枝「よーしよし」

周子「……いい、のに」

紗枝「ええんよ。しんどいときは、へたっても」

周子「…………ぐすっ」

紗枝「よーし、よし」

周子「っ、う、うぅ」

周子「うう、っ、あ、あああああ……」

・・・

 

48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 01:53:01.24 ID:m70i06Hu0

紗枝「落ち着きはりましたかー?」

周子「……」コクリ

紗枝「ふふ」

周子「紗枝、ちゃん」

紗枝「はーい?」

周子「……おっぱいちっちゃ」

ぎゅううううっ

周子「ん゛ー!!ん゛ー!!!!」

周子「ごめんごめんごめんごめん!!!」

 

49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 01:55:37.16 ID:m70i06Hu0

ぱっ

紗枝「はーい?」

周子「……その、おおきに」

紗枝「ふふ、ええよ。周子はんとうちの仲どす」

周子「久しぶりに泣いたかも」

紗枝「うちには、これくらいしかできひんから」

紗枝「恋愛ごとは得手やあらへんし。こうしたらー、みたいなことは言えひんもん」

周子「……ううん。めっちゃ楽になったよ」

紗枝「よかったわあ。ごめんなあ、ちっちゃくて」

周子「……変なこと言いましたごめんなさい」

 

50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 01:57:54.03 ID:m70i06Hu0

紗枝「周子はんは」

周子「うん?」

紗枝「Pはんと、どないになりたいんやろ」

周子「……Pさんと?」

紗枝「アイドル続けはって、Pはんと一緒にお仕事して、今のままの関係が続いて」

紗枝「それも、よろしゅおすなあ」

周子「……うん」

紗枝「けど、他にもきっといーっぱい道があると思うんどす」

 

52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 02:03:10.29 ID:m70i06Hu0

紗枝「アイドルするにしても、いろいろやりようはあると思いますし」

紗枝「他にも例えば、一緒に塩見屋さんの跡、継いでみはったり」

周子「うぇ」

紗枝「あとは……」

周子「あとは?」

紗枝「……うーん。あんまり浮かばひん……」

周子「えぇ……」

紗枝「でも、そこは周子はんが決めはるところやから」

周子「……うん」

紗枝「どないにしたいかは、周子はんの心次第、やなぁ」

周子「あたしの、心」

 

53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 02:03:52.47 ID:m70i06Hu0

紗枝「そこだけは回り道せんと、Pはんに言うてみたらええと思うわあ、うち」

周子「え、いやいやいや、それは厳しいよ」

紗枝「あら」

周子「ん゛」

紗枝「なんや、決まってはるん?」

周子「ん゛ん゛ん゛」

紗枝「ほな、気張らんとなあ」

周子「ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛」

 

54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 02:04:47.51 ID:m70i06Hu0

紗枝「ほーら、紗枝と約束」

紗枝「明日、Pはんに会うたら、ちゃんと言いましょ?」

周子「……ちょっと、勇気ないかも」

紗枝「大丈夫やと思うけどなあ。Pはんも周子はんのこと、大好きやから」

周子「へ?」

紗枝「うちには、そうしか見えひんよ?」

周子「……」

紗枝「周子はんが一番ようわかってはるんと違います?」

周子「……えっと」

 

55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 02:06:18.02 ID:m70i06Hu0

紗枝「周子はん。うちも、明後日東京に戻りますえ」

紗枝「そのときまでに、な?」

周子「紗枝ちゃぁん……」

チリーン チリーン

紗枝「あら、もうお夕飯の時間や。おしゃべりしてるとあっという間やなあ」

周子「鱧!」ピコーン

紗枝「ふふ、楽しみやなあ」

 

56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 02:07:29.32 ID:m70i06Hu0

紗枝「ご飯の前にうち少しだけお電話しますえ、待っとって?」

周子「はーい」

パタパタパタ

周子「鱧~♪」

周子「…………」

周子「あたしの心、かぁ」

周子「……応援してくれる、って言ってるのに。裏切れないよねえ」

周子「…………どーしよっかねぇ」

・・・
・・

 

57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 02:10:37.18 ID:m70i06Hu0

[翌朝 玄関]

周子「やー、何から何までお世話になりました」

紗枝「いいえー。ふふ、うちも楽しかったわあ」

周子「うちはまた今度、ね」

紗枝「もちろんどす」

周子「Pさんとのことは……うん。よく考えとく」

紗枝「決まってはるんやろ?」

周子「そう、だけど。覚悟が、さ」

紗枝「東京まで2時間少し、ありますえ」

周子「きっびしーなー」

 

58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 02:11:53.00 ID:m70i06Hu0

紗枝「会うたら、真っ先に言うこと言わなあきまへんえ?」

周子「きびし……」

紗枝「ふふ。周子はんのためやから」

周子「はーい……」

紗枝「さて、ぼーちぼちお迎えの人が来はるはずなんやけど」

チリーン

紗枝「……あ。来はった」

 

59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 02:12:52.29 ID:m70i06Hu0

周子「あーあー、東京戻るのかー。あたし紗枝ちゃんちの子になりた……」

紗枝「周子はん」

周子「……うん?」

紗枝「気張って、な?」

周子「へ?」

チリーン

紗枝「はーい」

ガラガラガラ

 

60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 02:13:19.97 ID:m70i06Hu0

周子「……」

周子「紗枝ちゃん」

紗枝「ほな、また明日~」

ガラガラガラ

周子「……」

周子「…………Pさん、京都で何してんの?」

 

61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 02:13:52.67 ID:m70i06Hu0

    ̄ ̄ ̄二二ニ=-
'''''""" ̄ ̄
-=ニニニニ=-

/⌒ヽ   _,,-''"
_ ,(^ω^ ) ,-''";  ;,
/ ,_O_,,-''"'; ', :' ;; ;,'
(.゙ー'''", ;,; ' ; ;;  ':  ,'
_,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'  ┼ヽ  -|r‐、. レ |
_,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'     d⌒) ./| _ノ  __ノ

 

 

にほんブログ村に参加してます。

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(SS)へ
にほんブログ村

SSまとめサイトさんがたくさん紹介されますので、

興味があれば是非飛んでみてくださいね。

-モバマス
-, , ,

Copyright© 俺得SSあーかいぶ , 2018 All Rights Reserved.