南条光「今日はツインテールの日!」

更新日:

転載元:【SS速報】http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517621252/

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/03(土) 10:27:33.07 ID:IFbyYgVB0

「という事で、やってみた! どう? 似合う?」

そう言って、くるりと回ってみせる南条光。その名の通りの二対のふさが、ふわりと踊る。

似合う。
最高。
完璧。

それらの言葉を一旦飲み込む。

「……とても、よく似合ってるよ」

「ありがとう! 」

ぺかー! という擬音が見えそうな笑顔で朗らかに答える。めっちゃいい子やなこの子。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1517621252

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/03(土) 10:27:58.20 ID:IFbyYgVB0

「あ、そうだ、麗奈は?」

「小関さんならこれからお仕事。そろそろくると思うよ。何か用事かい?」

「用事ってわけじゃないんだけど……ほら、お揃いだからさ」

そう呟き、少し恥ずかしそうに顔を赤らめる。

なるほど、たしかに小関さんがステージに立つ時は、大体ツインテールだ。

「アタシ、髪長いけど、あんまり髪型いじったりとかしなかったからさ。今日がツインテールの日って聞いて、お母さんにやってもらったんだ!」

「そうかそうか、お母様にも今度お礼言っとくよ」

「? ……なんでプロデューサーが?」

「いやいやいやいや、こう、深い意味は無くてね、いつもお世話になっています的なね、あれですよ」

 

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/03(土) 10:28:29.68 ID:IFbyYgVB0

そんな他愛も無いをしていると

「おはようございまーす」

やって来ましたレイナサマ

「あ、麗奈! おはよう!」

「あん? 誰よアンタ……ウチの子? 新人? いきなり呼び捨てとはいい度胸だけど、アタシのことはレイナサマと呼んで崇め奉りなさい」

チラと見てそう返すレイナサマ。……え、マジ? 気付いてない? あ、南条さんも固まってる。

「と言うか小さいわねー、アンタ。小学生? ちょっとプロデューサー、紹介くらいしなさいよ。……なに笑ってんのよ。よく見ろって……ん? え、アンタ、光? どうしたのその頭」

気付き、矢継ぎ早に質問を浴びせる小関さん

「なんでわかんないんだよー! そんなに変か!?」

顔を赤くして小関さんに詰め寄る南条さん

 

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/03(土) 10:28:57.32 ID:IFbyYgVB0

「いや、変って言うか……その、髪とか、ちょっととかして基本そのままじゃない、アンタ。いや……ゴメンって、そんな怒んないでよ」

「まあまあまあまあ、南条さん、落ち着いて。ほら、小関さんはお仕事の準備しないといけないからね。ほれ小関さん、メイクさん待ってるから行っといで」

「むー……」

「そんなムクれないでよ、ゴメンって言ってるじゃない。このレイナサマが謝ってんのよ? むしろお礼を言って欲しいくらいだわ」

なんだその理論。

「……可愛い?」

「は?」

「似合ってる? これ」

はあ、と大きくため息をつく小関さん。

「カワイイカワイイ、似合ってるわよ。これでいい? もう行くからね」

そう言って部屋を後にする

「うあー……麗奈ひどい……」

うなだれるなって、髪ボサボサになるぞ

「でもさ、気付かないってある? 服装も……まあ、いつもと違うけどさ」

たしかに、今日はツインテールに合わせたのか、なんとなーくふんわりとした、気持ち女の子のような格好である。

「まあ、いいじゃないか。今日はこれから何人か来るし、見てもらえれば」

「そうだけどさ……」

 

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/03(土) 10:29:41.44 ID:IFbyYgVB0

ううむ、どうしたものか。

思案していると、メイク室から足音が聞こえてくる。

「あ、麗奈戻って来たかな?」

「いやいやいや、早すぎるだろ。まだ10分も経ってないぞ」

などと言っているうちに、ノックがされ、ドアが開く。

「失礼します」

そう言って入って来たのは、まさに絵本から出て来たような、可愛らしい少女だった。

「あの……こちらで挨拶するように伺って来たんですけど……プロデューサーさん、ですよね? それと、南条光さん」

しずしずと、私と南条さんを順に見やる。

……は? え、誰!? 南条さんも固まっている。本日二度目。

「私、今日からこちらに配属になりまして……その、よろしくお願いします」

頭を深々とさげるその子の振る舞いは、まさにお嬢様と呼んで差し支えないものだった

 

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/03(土) 10:30:10.10 ID:IFbyYgVB0

「えーと……初めまして? よろしくね! アタシは南条光!」

流石の南条さん、もうリカバリーして握手を求めに行っている。

「いえ、初めてじゃありませんよ。わかりませんか?」

「え? えっと、そうだっけ? どこかで会ったっけ……」

うんうんと頭を捻る南条さん。どうやら以前に会ったことがあるらしい

少女はその様を見て、笑いを堪えるように震えている。

……あ、わかった。

「ごめん、わかんない!」

「ね? わかんないでしょ?」

そう言って、口の端をニヤリと吊り上げる。レイナサマだ。

 

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/03(土) 10:30:48.33 ID:IFbyYgVB0

「麗奈?……え、麗奈だったの!?」

「うるっさいわね、耳元で大声出さないでよ。これでわかったでしょ? 髪型とか雰囲気とかで、いくらでも別人になれるのよ。
特にアタシたちはアイドルなんだから、それくらいできないでどうすんのよ」

ぐうの音も出ない。

「ま、結局はどんなカッコしててもアタシはアタシだけどね。ただ、それをプロデューサーが見抜けないってのはどうなの?」

イタズラっぽく笑うレイナサマ。ごもっともであるが、しかし……

「化けたなあ。こういう格好の仕事、してみる?」

「絶対イヤ!」

チッ

「舌打ちすんな! ……光」

「え? あ、はい!」

「その、本当に、普段と違ってて気付かなかったってだけだから」

「はい」

「……似合ってるから、自信持ちなさい」

「はい、ありがとうございます」

「何で敬語?」

「なんか、いつもの麗奈って感じがしないなーって、別人みたいでさ」

「今まさにその話してたでしょ!? 聞いてた!? カッコが違ってもアタシはアタシなの!」

「そうなんだけどさ……でも、やっぱりいつもの麗奈の方が好きだな、アタシは」

 

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/03(土) 10:31:42.72 ID:IFbyYgVB0

「ねえ、こいつ引っ叩いていい?」

「やーめろって。と言うか、後ろ見てみろ」

「麗奈ちゃーん、そろそろいいかな? もう準備しないと……」

メイクさんが様子を見に来ていた。どうにも押しているようで、申し訳ない

「あ、ごめんなさい! すぐ行きます」

そう言って、小走りにかけて行く。

「凄いなあ、麗奈」

「凄いねえ」

「アタシもあれくらいできるようにならなきゃなあ」

「できてるでしょ」

「え?」

「だって、南条さんの今のカッコを見て、小関さんはわからなかったし、対抗してあの格好をしたわけでしょ?
なら、少なくとも小関さんからしたら、あれくらい可愛く見えたって事なんじゃないかな」

「そうかなあ……へへ、そっか。可愛いかあ、アタシ」

恥ずかしげに微笑む。最高かよ。

 

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/03(土) 10:32:36.73 ID:IFbyYgVB0

程なくして、小関さんが戻ってきた。いつもの舞台衣装と、おなじみのツインテールだ

「何ニヤニヤしてんのよ、気持ち悪い」

「ふふふ、お揃いだな、麗奈!」

「そうね、アタシの方が似合ってるけど」

「アタシ、ツインテール似合わないかな?」

「そうじゃないけど、やっぱり年季の違いよ、こういうのは。見慣れないから、違和感の方が強いもの。あんたもステージではこっちにしてみれば?」

「ツインテールのヒーロー……うーん、どうだろう」

「どっちかって言ったら魔法少女ね」

「魔法少女でヒーローでアイドル! ……いけそう!」

「盛りすぎじゃない? それ」

「お話もいいけど、小関さんはそろそろお仕事だからね。ほら、行くよ。送ってから」

「はーい、じゃ、後でね、光」

「うん! プロデューサーも、行ってらっしゃーい!」

そう言ってブンブンと手を振る南条さんを背に、小関さんとお仕事へ向かう。

 

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/03(土) 10:33:19.56 ID:IFbyYgVB0

――

「ねえ」

「はい?」

「光、可愛すぎない?」

「それな」

「データ」

「こちらに」

「ん、見返りは?」

「先ほどの格好を、改めて披露する場を」

「……一回だけよ」

「御意に」

後に三好紗南を巻き込み、三人でツインテール部に殴り込みをかけるのは、また別のお話。

おわり

 

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/03(土) 10:34:43.14 ID:IFbyYgVB0
ニューヨークはまだツインテールの日だから(震え声)
南条さんのSSRください

 

 

にほんブログ村に参加してます。

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(SS)へ
にほんブログ村

SSまとめサイトさんがたくさん紹介されますので、

興味があれば是非飛んでみてくださいね。

-モバマス
-,

Copyright© 俺得SSあーかいぶ , 2018 All Rights Reserved.