( ΦωΦ)おばけとかのようです 1話

投稿日:

転載元:https://jfk.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1226755528/

 

6: ◆tYDPzDQgtA 2008/11/15(土) 22:32:27.91 ID:/YYlk+KwO

('A`)「またなー杉浦」

( ^ω^)「また明日だお」

( ΦωΦ)「うむ、ではな」

寒くなってきた月曜日、放課後の帰り道。
我輩は友人達と別れ、帰路についていた。

黒い制服のポケットに冷えた両手を突っ込んだまま、肩を少しあげて歩く。

晩飯は何が良いかなあ、寒くなってきたから鍋にするか。うむ、水炊きが良いな、野菜盛り盛りで。

晩飯のメニューを考えながら歩けば、その情景を想像してにやにや。
ああそうだ、姉の好きなみかんを買って帰ろう。
毎日遅くまで働いているのだ、労らねばバチが当たる。

我輩は真っ直ぐ家には帰らず、八百屋に寄り道をしようと一本道を変えた。

 

8: ◆tYDPzDQgtA 2008/11/15(土) 22:34:33.81 ID:/YYlk+KwO

( ΦωΦ)「みかん一山」

(,,゚Д゚)「450円、と言いたいが杉浦さんちの坊っちゃんはお得意さんだからな。350円にしてやらぁ!」

( ΦωΦ)「有り難いのである。ああそうだ、姉がここのみかんは美味いと言っていたのである」

(,,゚Д゚)「嬉しい事言ってくれるねぇ、一個おまけしてやるよ! また来てくれよな!」

( ΦωΦ)「うむ、有り難うである」

みかんが入ったビニール袋をぶら下げての帰り道パート2。
爽やかな匂いが袋から溢れ、我輩の鼻をくすぐった。
ああ、美味そう。後でひとつもらっても良いであろうか。

 

9: ◆tYDPzDQgtA 2008/11/15(土) 22:36:37.01 ID:/YYlk+KwO

<_プー゚)フ「みかんって美味いのか」

( ΦωΦ)「美味いぞ、猫系の動物は駄目だけど」

<_プー゚)フ「お前は食えるの?」

( ΦωΦ)「我輩これでも人間だよ人間、高二の男子だよ」

<_プー゚)フ「へー、意外だ」

(ΦωΦ`)「意外ってお前、失礼な……」

<_プー゚)フ

(ΦωΦ`)

<_プー゚)フ

(ΦωΦ`)「……どちら、様?」

<_プー゚)フ「おばけ」

( ΦωΦ)おばけとかのようです いっかいめ

 

11: ◆tYDPzDQgtA 2008/11/15(土) 22:38:37.50 ID:/YYlk+KwO

 我輩のすぐ後ろをふよふよしてた何かを振り返れば、そこにはオレンジ色をした、何か。

えーと、何だこれ。おばけ?
はは、そんな非科学的な。

( ΦωΦ)「……」

<_プー゚)フ「エクスト」

( ΦωΦ)「……あ、名前?」

<_プー゚)フ「おう、エクストプラズマン、エクトプラズマンじゃなくてエクストプラズマンだからな」

( ΦωΦ)「……」

<_プー゚)フ「おい猫目」

( ΦωΦ)「それ我輩か」

<_プー゚)フ「そうだよ猫目、何か言いたい事あるなら言えよ」

( ΦωΦ)「言いたい事なら山ほどある」

 

12: ◆tYDPzDQgtA 2008/11/15(土) 22:40:35.37 ID:/YYlk+KwO

 まあ非科学的とか言いながらも目の前にオレンジ色で少し伸びたテレサみたいなのが居れば何かもうどうしようもない。
取り敢えずおばけらしいが、そろそろ冬だ。
おばけってのは幽霊って奴じゃないのか、違うのか。
幽霊ってのは人間の姿してるんじゃないのか、違うのか。

まあおばけである事は確かなんだろうな、向こう少し透けてるし。
何かちょっと柔らかそうな光沢あるけどおばけなんだろうな。

こうもフレンドリーだと怖いとか思わない、不思議である。

( ΦωΦ)「えー……おばけ?」

<_プー゚)フ「おばけ」

( ΦωΦ)「幽霊?」

<_プー゚)フ「おばけ」

( ΦωΦ)「元人間?」

<_プー゚)フ「おばけ」

(#ΦωΦ)「何なのだ貴様は!!」

<_プー゚)フ「おばけだよ!?」

 

15: ◆tYDPzDQgtA 2008/11/15(土) 22:42:17.43 ID:/YYlk+KwO

 うん、頭痛いわこいつ。

( ΦωΦ)「そのおばけが我輩に何の様だ」

<_プー゚)フ「いや、大して意味は」

(´ΦωΦ)「何やねんこいつもう……もう寒いから我輩帰る……」

<_プー゚)フ「ついてく」

( ΦωΦ)「何で」

<_プー゚)フ「寒いから」

( ΦωΦ)「おばけなのにか」

<_プー゚)フ

( ΦωΦ)

<_プー゚)フ「死ね」

(´ΦωΦ)

 

16: ◆tYDPzDQgtA 2008/11/15(土) 22:44:26.99 ID:/YYlk+KwO

 おばけを引き連れて帰宅した我輩は、ご近所さんの刺さる様な視線に堪えながら玄関の鍵を開ける。
すると、無造作に転がる黒のハイヒールを見つけた。

ああ、ねーちゃんもう帰ってるのか。今日は早いのである。

<_フΦωΦ)フ「ねーちゃん、ただいまである」

(*‘ω‘*)「おー、お帰りっぽ弟」

<_フΦωΦ)フ「今日は早いのであるな」

(*‘ω‘*)「外回り→直帰だっぽ、残業ナッシン最高」

<_フΦωΦ)フ「いつもお疲れさまである」

(*‘ω‘*)「いつも家事お疲れさまっぽ」

<_フΦωΦ)フ「今日は変な客を……あれ、エクスト? エクストー?」

(*‘ω‘*)「……」

<_フΦωΦ)フ「おかしいな、消えたか」

(*‘ω‘*)「ロマネスク」

<_フΦωΦ)フ「む?」

 

18: ◆tYDPzDQgtA 2008/11/15(土) 22:46:37.44 ID:/YYlk+KwO

(*‘ω‘*)つ鏡

<_フΦωΦ)フ?

<_フΦωΦ)フ鏡

<_フ;ΦωΦ)フ「何じゃこりゃああああ!!」

(*‘ω‘*)「ロマネスク……そんな頭になるほど、ストレスが……私が家事を押し付けていたから不良に……」

<_フ;ΦωΦ)フ「何!? この頭は茶髪にしたとかそんな感じなの!? 不良になったって理由でこの頭になれるもんなの!? 透けてるオレンジの何かが生えてるのに!?」

(*‘ω‘*)「ごめんっぽロマネスク……お姉ちゃん、お姉ちゃん失格だっぽ……」

<_フ;ΦωΦ)フ「ちょ、エクスト離れろ! 我輩の頭と一体化すんな!!」

( ΦωΦ) 三<_プー゚)フ ヒュボッ

(*‘ω‘*)

<_プー゚)フ

( ΦωΦ)

(*‘ω‘*)「何だこれ」

 

20: ◆tYDPzDQgtA 2008/11/15(土) 22:48:26.05 ID:/YYlk+KwO

<_プー゚)フ「おばけ」

(*‘ω‘*)「……」

<_プー゚)フ「……」

(*‘ω‘*)「もう、冬だ」

<_プー゚)フ「冬におばけはダメなのか!」

(*‘ω‘*)「ダメじゃないけど空気読めっぽ、大体ハロウィンも終わったっぽ、しかも何だその色ふざけてんのかっぽ、おばけ名乗るならもう少しそれらしいビジュアルしやがれっぽこのオレンジドマンジュウが死ね」

(;ΦωΦ)「ねーちゃん辛辣! 辛辣である!!」

<_プー゚)フ「何か難しくてよく分からん!!」

(ΦωΦ;)「こいつはアホウか!?」

 

22: ◆tYDPzDQgtA 2008/11/15(土) 22:50:42.66 ID:/YYlk+KwO

(*‘ω‘*)「あぁんみかんうめぇっぽ……」

<_プー゚)フ「こたつあったけー」

( ΦωΦ)「はい、お茶淹れたのである。落ち着いた?」

(*‘ω‘*)「みかんで世界は救われる」

( ΦωΦ)「はいはい」

<_プー゚)フ「なあ俺にもみかーん」

(*‘ω‘*)「やらん死ねのたうち回れ」

( ΦωΦ)「まあまあ一つくらい良いではないか、買ってきたの我輩だし」

(*‘ω‘*)「チッ……良かろう……」

<_プー゚)フ「わーい!」

( ΦωΦ)「晩飯の後な」

<_プー゚)フ「えー」

(*‘ω‘*)「その前にそいつ晩飯食うのかっぽ」

 

23: ◆tYDPzDQgtA 2008/11/15(土) 22:52:33.46 ID:/YYlk+KwO

( ΦωΦ)「……さあ?」

<_プー゚)フ「さあ?」

(*‘ω‘*)「うぜぇ」

(´ΦωΦ)

<_プー゚)フ「みかんみかんみかーん」

(*‘ω‘*)「命の水だポンジュース」

( ΦωΦ)「あ、八百屋でみかんしか買わなかった……野菜が……」

(*‘ω‘*)「晩飯なら私が作ってやるっぽ、崇めろっぽ」

<_フΦωΦ)フ「「へへー」」

(*‘ω‘*)「うむ。こたつで鍋は鉄壁だっぽ」

( ΦωΦ)「あれ、ねーちゃんも鍋の予定だったのであるか?」

(*‘ω‘*)「肉鍋な」

(´ΦωΦ)

 

24: ◆tYDPzDQgtA 2008/11/15(土) 22:54:29.73 ID:/YYlk+KwO

(*‘ω‘*)「原始肉にかぶりつきそうな顔して肉が苦手って何なんだっぽてめぇ」

( ΦωΦ)「ヒマワリの種を両手でつかんでポリポリしそうな顔して主食肉って何なのだ」

(*‘ω‘*)

( ΦωΦ)

(*‘ω‘*)「やるな弟、ご褒美に買い置きの白菜一玉を入れてやるっぽ」

三<_フωΦ)フ「わーい」ガシィィン!

<_∩#ΦωΦ)フ「触れないから外せねぇうぜぇ!!」

(*‘ω‘*)「本当に何なんだそいつ」

 

27: ◆tYDPzDQgtA 2008/11/15(土) 22:56:38.09 ID:/YYlk+KwO

<_プー゚)フ「こたつあああったけええええ」

( ΦωΦ)「おばけでも温度が分かるのであるか?」

<_プー゚)フ「物の熱さはよく分からん、熱気とかは分かる」

( ΦωΦ)「へー」

<_プー゚)フ「ああああああったけえええええええ」

( ΦωΦ)「やかましいわ。それよりエクスト……おばけで、ある、よな?」

<_プー゚)フ「見ての通り暗い過去とか可哀想な過去とか全くない元気で健全で明るいおばけだ!」

(´ΦωΦ)「おま、おばけのアイデンティティ……」

<_プー゚)フ「おばけ=可哀想と言う一般論で俺を縛らないでくれ」

(´ΦωΦ)「何で微妙にカッコいい言い方しとんのこのアホウ……」

<_プー゚)フ「アホウって何だ、強いのか」

( ΦωΦ)「お前の事だよ」

<_プー゚)フ「じゃあ強くてカッコいいんだな!!」

 

28: ◆tYDPzDQgtA 2008/11/15(土) 22:58:38.41 ID:/YYlk+KwO

(*‘ω‘*)「そして煮えたぎる鍋を持って姉登場」

( ΦωΦ)「みかん下ろしてっと……おkである」

(*‘ω‘*)「鍋投下ー、箸と器持ってくっから他のもん片付けろっぽー」

( ΦωΦ)「はいはいよー」

<_プー゚)フ「おおおおおおおお湯気もわもわああああああああ!! これがあれか! 鍋か! 鍋か!!」

( ΦωΦ)「まあ鍋はそのでかい器の事なのだがな」

<_プー゚)フ「この固そうなの食うのか!?」

( ΦωΦ)「何だその古典ボケ。その中のグツグツしてる肉とか野菜を食うのである」

<_プー゚)フ「でも鍋食うんだろ!?」

( ΦωΦ)「めんどくせぇなあんもう、そのごつい器で作った料理を鍋料理って言うの、略して鍋、Do you understand?」

<_プー゚)フ「パードン!!」

( ΦωΦ)「理解して使ってないだろお前」

<_プー゚)フ「Now I understand. Thank you.」

(;ΦωΦ)てそ

 

29: ◆tYDPzDQgtA 2008/11/15(土) 23:00:34.37 ID:/YYlk+KwO

(*‘ω‘*)「はい器と箸、席についてくださいー」

<_フΦωΦ)フ『「はーい』」

(*‘ω‘*)「手をあわせてくださいー」

<_フΦωΦ)フ『「はーい』」

(*‘ω‘*)「いーたーだーきーまーす」

<_フΦωΦ)フ『「いーたーだーきーまーす』」

(*‘ω‘*)「はいエクストの器と箸、食えるなら食えっぽ」

( ΦωΦ) 三<_プー゚)フ「mjd!?」ヒュボッ

(*‘ω‘*)「mjd、よし食うっぽー」

( ΦωΦ)「白菜の葉っぱの部分は我輩がいただく」

(*‘ω‘*)「私は肉と軸をいただく」

<_プー゚)フ「うおー鍋だー! 鍋だー! 食うぞー!!」

 

30: ◆tYDPzDQgtA 2008/11/15(土) 23:02:31.93 ID:/YYlk+KwO

      スカッ
<_プー゚)ブ鍋

<_プー゚)フ

スカッスカッ
<_プー゚)ブ゙鍋

_,,
<_フ;Д;)フ「ぢぐじょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」

(ΦωΦ;)てそ

(*‘ω‘*)「おーキレたキレた」

 

32: ◆tYDPzDQgtA 2008/11/15(土) 23:04:32.67 ID:/YYlk+KwO

<_フΦωΦ)フ『食えねぇよおおおおおおおお!! まず箸にも触れねぇよおおおおおおおお!!! ぢぐじょおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!』

(*‘ω‘*)「ロマネスク煩いっぽ」

( ΦωΦ)「いや我輩ちゃうがな、ほらエクスト、離れるのである」
_,,
<_フ;Д;)フ「んだよクソ野郎……鼻たぶ猫目クソ野郎……」

(´ΦωΦ)「何だその罵倒……ほら口開けなさいよ、あー」

_,,
<_フ;Д;肉⊂(ΦωΦ )

_,,
<_フ;-;))フ (ΦωΦ )

.*'。<_ο゚フ*゚∀゚)フ.+゚,テカッ

( ΦωΦ)「おお」

(*‘ω‘*)「テカってるっぽ」

 

33: ◆tYDPzDQgtA 2008/11/15(土) 23:06:31.35 ID:/YYlk+KwO

<_フ*゚ー゚)フ「食えたぞ!! 食えたぞ鍋!! 食え鍋鍋!!」

( ΦωΦ)「何言っとるのだお前は」

<_フ*゚∀゚)フ「あー! あー!」

( ΦωΦ)「はいはい、器に入れるから犬食いしなさいね一頭身」

(*‘ω‘*)「野郎同士(仮)のはい、あーん☆とか死ねば良いのに」

(´ΦωΦ)「言うなよねーちゃん……」

<_フ*)゚ー゚))フ「別に猫目じゃなくておっぱいでも良いぞ!!」

(*‘ω‘*)「死ねよドマンジュウ」

(´ΦωΦ)「おっぱ……」

(*‘ω‘*)「死ねよ弟」

<_フ*)゚ー゚))フ「うめぇ! 鍋うめぇ! マルカジリ!」

(;ΦωΦ)「土鍋に噛みつくなバカタレ!!」

 

34: ◆tYDPzDQgtA 2008/11/15(土) 23:08:25.78 ID:/YYlk+KwO

(*‘ω‘*)「ところで」

( ΦωΦ)「何で食えるのであるか」

(*‘ω‘*)「箸にも触れないのに」

( ΦωΦ)「つか味覚あるのか」

(*‘ω‘*)「消化とかされるのか」

( ΦωΦ)「消化されるならそれはどこに行くのか」

<_プー゚)フ「知ったこっちゃねぇ!!」

(*‘ω‘*)( ΦωΦ)「ですよねー」

(*‘ω‘*)「常識とかアホ臭くなってきたっぽ」

( ΦωΦ)「我輩はとーの昔にアホ臭くなったのである」

(*‘ω‘*)「まあ何度も頭に合体されちゃアホらしくもなるっぽ」

( ΦωΦ)「ははは、もうどうでも良いや」

(*‘ω‘*)「ははは」

<_プー゚)フ「おかわり!!」

 

36: ◆tYDPzDQgtA 2008/11/15(土) 23:10:55.67 ID:/YYlk+KwO

(*‘ω‘*)「おー見事に空っぽ」

( ΦωΦ)「あー白菜食った食った」

<_プー゚)フ「美味かった!!」

(*‘ω‘*)「はいはいお粗末様でしたっぽ。じゃ、ごちそーさまでしたー」

<_フΦωΦ)フ『「ごちそーさまでしたー』」

<_フΦωΦ)フ「後片付けは我輩がしよう」

(*‘ω‘*)「お、すまんっぽ。んじゃ風呂入れてくるっぽ」

( ΦωΦ) 三<_プー゚)フ ヒュボッ

<_プー゚)フ「俺は!?」

( ΦωΦ)「こたつでもふもふしてなさい」

<_プー゚)フ「分かった!」

 

38: ◆tYDPzDQgtA 2008/11/15(土) 23:12:50.19 ID:/YYlk+KwO

(*‘ω‘*)「みかんみかんみかーん」

(*‘ω‘*)「あー……しばれる、ついでに洗濯機の中身を乾燥機に移してっと……どっこいしょ」

(*‘ω‘*)「お、ロマネスクのパンツ」

<_プー゚)フ「お、おっぱいのブラ」

(*‘ω‘*)

<_プー゚)フ

(*‘ω‘*)「貴様には地獄すら生温い」

<_プー゚)フ「おねぇたま」

(*‘ω‘*)「良かろうなのだ」

<_プー゚)フ「おねぇたまおっぱいでかいな」

(*‘ω‘*)「湯剥きすんぞドマンジュウ」

 

40: ◆tYDPzDQgtA 2008/11/15(土) 23:14:53.31 ID:/YYlk+KwO

(*‘ω‘*)「こたつでもふもふはどうしたっぽドマンジュウ」

<_プー゚)フ「悪い子おばけだからな! 悪い子は言う事きかないぜ!」

(*‘ω‘*)「悪い子は掃除機で吸うぞ」

<_プー゚)フ「ごめんちゃい」

(*‘ω‘*)「ほら退けっぽ、ロマネスクのパンツを重ねるぞ」

<_プー゚)フ「きゃー」

( ΦωΦ)「何しとんねん……」

(*‘ω‘*)「お疲れっぽロマネスク、このドマンジュウ持ってけっぽ」

(´ΦωΦ)「触られへんがな……」

(*‘ω‘*)「じゃあ吸え、掃除機で」

<_フ>∀<)フ「きゃー」

(*‘ω‘*)「言うほど可愛くないぞそれ」

<_プー゚)フ「ごめんちゃい」

 

43: ◆tYDPzDQgtA 2008/11/15(土) 23:16:57.10 ID:/YYlk+KwO

( ΦωΦ)「あーこたつあったけぇ」

(*‘ω‘*)「あったけぇ」

<_ο゚プー゚)フテカテカ

(*‘ω‘*)「何テカってんだっぽ」

<_ο゚プー゚)フ「ほら、ほら、あれ、あれ」

( ΦωΦ)?

<_プー゚)フ

(*‘ω‘*)

( ΦωΦ)

_,,
<_フ;Д;)フ「みがん……」

(´ΦωΦ)「ああみかんね、泣くなよそんな事で……」

(*‘ω‘*)「すぐ泣く野郎はモテねぇっぽ」

 

44: ◆tYDPzDQgtA 2008/11/15(土) 23:18:35.38 ID:/YYlk+KwO

( ΦωΦ)「おばけにモテるって概念あるのか」ムキムキ

(*‘ω‘*)「ロマネスクのムキムキすげぇ筋肉っぽいっぽ」

(´ΦωΦ)「知らんがな……はいエクスト、あー」

<_フ*゚∀゚)実⊂(ΦωΦ )

<_フ*)゚ー゚))フ (ΦωΦ )

ヘ ブ ン 状 態 ! !
.*'。.+゚,<_ο゚フ*^∀^)フ.*'。.+゚,

(*‘ω‘*)( ΦωΦ)「ぅゎぁ」

 

48: ◆tYDPzDQgtA 2008/11/15(土) 23:20:41.12 ID:/YYlk+KwO

「みーかーん! みーかーん!」

「いや、もう無いのである」

「そこに山積みだろ!」

「いやこれは」

「二度死ねドマンジュウ」

「ごめんちゃい、でもみかん」

「……ねーちゃん、」

「……もう一個だけだっぽ」

「みかんみかんみかーん!! キャッホー!」

 

 

49: ◆tYDPzDQgtA 2008/11/15(土) 23:22:48.76 ID:/YYlk+KwO

('A`)「おあよー」

( ^ω^)「おはーだお!」

<_フΦωΦ)フ「おはようである」

('A`)「なあ杉浦、今日は忙しいか?」

<_フΦωΦ)フ「いや、今日はさほどでもない」

( ^ω^)「ならみんなでモンハンるお!」

<_フΦωΦ)フ「おお、ラージャンを狩りたいところだったのである」

( ^ω^)「ならその後でトトスだお!」

<_フΦωΦ)フ「トトスか……ガンナーで問題無いか?」

( ^ω^)「旧砂漠だから問題ないお! ところで杉浦」

('A`)「うん、杉浦」

(;^ω^)(;'A`)「頭すげぇ」

( ΦωΦ) 三<_プー゚)フ ヒュボッ

(;゚ω゚)(;゚A゚)てそ

 

50: ◆tYDPzDQgtA 2008/11/15(土) 23:24:47.76 ID:/YYlk+KwO

(;゚ω゚)「……杉浦の……頭が……」

(;゚A゚)「飛ん、だ……!?」

( ΦωΦ)「その反応も間違ってると思うなあ」

<_プー゚)フ「オッス! オラおばけのエクストプラズマン! エクトプラズマンじゃないぞ!」

( ΦωΦ)「何を言うとるのだ」

(;^ω^)「あ……な、内藤ホライゾンですお……」

(;'A`)「う、宇都宮ドクオです……」

<_プー゚)フ「よろしくな! 鼻たぶ二号と不健康!」

(;ΦωΦ)「こら! 失礼なあだ名をつけるな! その前についてくんな!」

<_プー゚)フ「嫌だ!!」

(;^ω^)「おばけ……」

(;'A`)「……まあ、世の中広いしなぁ……」

(ΦωΦ;)「意外と冷静だな二人とも!!」

 

52: ◆tYDPzDQgtA 2008/11/15(土) 23:26:50.94 ID:/YYlk+KwO

(;ΦωΦ)「とにかくエクストは帰rキーンコーンカーンコーン

(;^ω^)「おっ! 予鈴鳴ったお! 急ぐおドクオ、杉浦!」

(;'A`)「やっべ! 行くぞおい杉浦!」

(;ΦωΦ)「ああんもうしょうがない! 合体しとけ!!」

我が家にはおばけが居る。
大飯ぐらいで悪戯好き、オレンジ色のテレサ体型。
そんな、居候おばけ。

おばけの登場によって平凡な生活はぐりっと360度半回転し、面白おかしい毎日に。

まあ食費がかさむくらいで、後はたいした害は無いのだが。

( ^ω^)「エクストはポテチ食うかお?」

<_プー゚)フ「食う!」

川 ゚ -゚)「ほほう、物を食うおばけか……興味深い」

こいつらは、何故こんなに動じないのだろうか。

おしまい。

 

にほんブログ村に参加してます。

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(SS)へ
にほんブログ村

SSまとめサイトさんがたくさん紹介されますので、

興味があれば是非飛んでみてくださいね。

-ブーン系小説
-, ,

Copyright© 俺得SSあーかいぶ , 2018 All Rights Reserved.